宇治上神社 季節限定の超美麗な御朱印 with ガイドが緊張する理由

sponsored link

世界遺産で日本最古の神社建築である本殿を有する宇治上神社。

宇治をガイドする機会自体が少ないので、宇治上神社にガイドとしてお客様と訪れることは年に数回しかありません。

それでも毎回緊張します。

なぜか?

宮司さんが怖いからです。

特にはじけてる修学旅行生(要するに騒がしい生徒さん)に同行する際など「今日は宮司さん留守でありますように」と、つい念じてしまいます。

宇治上神社の御朱印

画像クリックで拡大表示します

御朱印は次のようになりますので、つり銭のないように準備しましょう。

通常の墨字:300円
茶色と紫の紙に金字:500円
季節限定:500円(※日付無し)

宇治上神社の御朱印の特徴は以下の2点です。

とにかく種類が多く、しかも季節ごとに限定版がある。
どれをとっても、とても美しい。

京都の神社仏閣で、単独でこれだけの種類を揃えているところは他にないと思います。

そこでコンプリートを目指す人が続出することとなります。

確かに、気持ちはわかりますね。

また宇治上神社では宮司さんがいらっしゃる時に参詣すると、宮司さん自らが丁寧に手書きしていただけます。

宮司さん不在時の案内

朝の早い時間帯であれば、いらっしゃることが多いようですので最初に宇治上神社に参拝するとよいかと思います。

宮司さん不在の際は、宇治の他を訪れて、帰り際にもう一度伺うのがよいのではないでしょうか。

御朱印をいただく心得

このサイトをご覧いただいている方は御朱印のイロハは心得ていらっしゃると思いますが、以下の2つの画像をクリックしてお読みください。

御朱印をいただくマナーといいますか、心構えが記載されています。

画像クリックで拡大表示します

画像クリックで拡大表示します

実は、御朱印についての心構えについて、もう少し詳しく書かれた小冊子のようなものが宇治上神社に置いてあります。

画像クリックで拡大表示します

色々書かれていますが、例えばお金のお支払いについてはこんな感じです。(文章そのままではありません)

神社で800円の支払いをする時に1,000円札と100円玉3枚を出す人がいる。
これは、神社に対して500円玉を要求しており、大変失礼なことである。
自分の財布を軽くしたいという自分勝手な心持からきている行動である。
最初から800円を用意しておくのが礼儀というものである。

ということなのです。

そんな宇治上神社に、今どきの修学旅行生と訪れるとガイドとしては生きた心地がしません。

「きゃー!この朱印、チョー可愛くね?ヤバいんだけど。」
「これ買いっしょ。お前カネある?」
「ねーよ、そんなもんよりソフトクリーム食う方がいいじゃねぇかよ。」

はい、もっ、申し訳ありません!ガイドの教育・指導が悪いのです。

それにしても宮司さんの視線が怖すぎる…

宇治上神社のガイドネタ

宇治上神社は何といっても日本最古の神社である本殿がメインです。

ここを外すわけにはいきません。

でも、宇治上神社に訪れると、やはり宇治神社と対で案内した方がよいと常に思います。

しかし双方の神社では、一緒にされることを望まれていないような雰囲気がします。

その微妙な雰囲気は、実際に双方を訪ねてみると肌で感じられると思います。

神様の世界も何かと大変なようです。

公式サイトと関連サイト

世界遺産(世界文化遺産) 宇治上神社 京都府のサイト

宇治上神社 – Wikipedia

sponsored link