清水寺 2017-2018年 今しか見れない舞台の姿

sponsored link

平成の大改修

京都東山にある世界遺産「清水寺」。

平成の大改修の一環で、現在本堂の屋根の葺き替え中です。

日によっては(正確に言うとクレーンの位置によって)、舞台に出れない時もあります。

せっかく修学旅行で楽しみにしてきたのに「清水の舞台」に出れないなんて…

そんな時は

「こういう清水寺の舞台を見れるのも今だけだよ。きっと生きている間にはこんな景色二度と見れないよ。」

と慰めることにしています。

改修前

改修中(2017-2018)

いつ終わるの?

予定は未定で、清水寺も公式にはアナウンスしていません。

清水寺でお寺の人に聞くと「2020年くらいには…」という曖昧な返事をもらえます。

何しろ古い文化財なものですから、ひどい痛みや何か変なものが見つかると一気に延長となるので。

そうはいっても一応の計画ではこうなっています。

2017年:本堂の屋根の葺き替え着工
2018年:工事中
2019年:葺き替え完了、舞台の破損部分の補修
2020年:3月までにすべて完了

東京オリンピックの開幕前には万全の状態になる。ということでしょうか。

ということですので、清水寺の本堂の屋根の葺き替えを見るなら(というのも変?)2017年から2018年なのです。

清水寺の御朱印

清水寺の御朱印は本堂を出て地主神社へ上る階段と、音羽の滝に下る階段のある所でいただけます。

清水寺の御朱印には、「大悲閣」の他にも阿弥陀如来と御詠歌があります。

ちなみに大悲閣とは、観音菩薩を安置している仏堂や観音堂を意味していて清水寺の場合はもちろん本堂になります。

同じ千手観音が本尊の三十三間堂もほぼ同じ御朱印の体裁をとっていますし、全国的に非常に多い御朱印です。

ちなみに御詠歌ですが、以下の歌詞となります。

「松風や 音羽の滝の 清水を むすぶ心は 涼しかるらん」

地主神社の御朱印は存在しない!?

清水寺本堂の背後にある、日本中に知られている縁結びの神様。

地主神社には御朱印がありません。

「え~!なんでぇ~」と、言われても…

清水寺のガイド

清水寺について語りたいことはそれこそ山ほどあるのですが、ここは清水寺の御朱印めぐりについてのサイト。

なので清水寺についての誤解を解くトピックだけにして、清水寺のガイドについては別途改めてとさせていただきます。

なぜ清水寺に行くのに五条坂?

京都駅から市バスに乗ると、バスの車内アナウンスで清水寺に行かれる人は五条坂のバス停で降りて、五条坂を登っていくように案内されます。

京都市関係のアプリでは、行先ガイドや乗換案内が何種類もありますが、そこで清水寺を指定すると五条坂まで徒歩8分で表示されます。

五条坂のたもとには、こんな看板が。画像クリックで拡大表示します

観光ガイドブックでも清水寺へのバス停に五条坂をすすめるものがありますし、海外の旅行客が持ってくる英語のガイドブックにも清水寺には五条坂から行くと記載されていました。

なんで?

正直不思議です。


五条坂はハッキリ言って車道です。

五条坂の上り(歩道は狭くすれ違いも大変)

さらに五条坂を登る。歩道はなくなる

五条坂のバス停からは茶碗坂のルートもあります。

しかし、陶器以外のお店も少なく最後には強烈な登り坂が待ち構えています。

茶碗坂の上り口。なんかイマイチのような気が…

それに比べ清水道のバス停で降りて松原通りを登った方が、直線で距離も近いですし、車の通りも少ないです。

バス停の清水道で下車し、すぐ脇の清水坂を登る道

お店も少なく、車が来るとすれ違いにやっとですが、直線距離が近い分五条坂よりはまだマシかと思います。

八坂通から八坂の塔を経由して三年坂を上がる方が、お店も多いですし「まさに京都」の景観が楽しめます。

目の前に八坂の塔(法観寺の五重塔)が!

八坂の塔を通り過ぎ、振り返っても絵になる景色です

ちなみに八坂の塔は法観寺の五重塔のことです。

京都 法観寺の五重塔(八坂の塔) 公式情報をまとめ

そして三年坂を登り、清水寺の参道に出ます。

三年坂の上から見下ろしたところです

最終的には五条坂、松原通り(清水坂)、八坂通り経由三年坂も、この三角地点に合流します。

はるか先に、清水寺の三重塔が望めます

いかがでしょうか。

清水寺に行くなら八坂通り-八坂の塔-三年坂の方がよくありませんか?

音羽の滝の水は、どれも一緒

清水寺の本堂の東側の広く長い階段を降りると音羽の滝があります。

画像クリックで拡大表示(1537 × 2049)します

不動明王を祀る祠から湧き出る水を3本の流れに分けて落としているものです。

この湧水は清水寺創建当初から1度も枯れたことのない霊験あらたかな霊水だそうです。

滝行が行われることもありますが、通常は参拝者が長い柄杓を使っていただくことができます。

この音羽の滝は人気が高く、観光シーズンでは長蛇の列となることもあります。

そんな背景からか、3本の滝にそれぞれ意味があるという誤った情報(つまりデマ・嘘)が流布されています。

例えば右側が健康長寿で、真ん中が仕事や学問、左側が恋愛だとかです。

無論、そういうことはなく、どれも同じ水です。

音羽の滝の周囲には何枚も「滝の水は皆同じです」と清水寺による貼り紙がされています。

どう解釈するかということなのですが、音羽の滝の霊水をいただく際は「あれこれ欲張らず一つだけ心に念じていただきましょう」ということかもしれません。

清水の舞台から飛び降りたつもりで


「リスクを恐れず勇気をもって事を成す」といった気持ちを表す表現です。

実際、昔は飛び降りた人が続出して、今では条例で禁止されています。

清水寺の公式資料にもある期間の統計データが残されています。

思い切って物事を決断することを「清水の舞台から飛び降りるつもりで」と言うが、清水寺塔頭・成就院に残る『成就院日記』の記録によれば、実際に飛び降りた人が元禄7年(1694年)から元治元年(1864年)の間に未遂を含み235件に上り、生存率は85.4パーセントであった。

意外に生存率高くないでしょうか?

12mとも13mともいわれる清水の舞台から飛び降りて、しかも下は石垣と地面です。


これには誤解がありまして、飛び降りた人たちは投身自殺ではないからです。

清水寺のご本尊の千手観音様に願をかけて、「生きるつもり」で飛び降りているからなのです。

当時は観音様に願をかけて飛び降りると願いもかない命も助かるという迷信が広まったそうです。

実際の85.4%という高い生存率から、観音様のご利益は確かにありそうですね。

だからといって、くれぐれも真似されませんように!

公式サイトと関連サイト

公式サイト

音羽山 清水寺

関連サイト

京都観光Navi:清水寺 京都市のサイト

世界遺産(世界文化遺産) 清水寺/京都府ホームページ 京都府のサイト

2017年 清水寺へ行く前に!見どころをチェック – トリップアドバイザー

清水寺 – Wikipedia

sponsored link