2018年3月31日まで!嵐電の「京都洛西ご朱印めぐり」

sponsored link

2017年5月末に始まった京福電気鉄道こと嵐電の「京都洛西ご朱印めぐり」がいよいよ2018年3月31日で終了します。

嵐電オリジナルの朱印帳が500円ということもあり、お得感はあります。

ただし修学旅行生には、今一つウケが悪いようで神社仏閣の朱印帳を買う生徒さんがほとんどです。

しかし!この企画にはオマケがあります。

2018年の初詣などでいかがでしょうか?

かくいう私もお正月に嵐電と京都市営地下鉄の1日券(1,000円)で巡ろうと予定しています。

京都洛西ご朱印めぐり

京都洛西ご朱印めぐりの公式お知らせページ:http://randen.keifuku.co.jp/randen_news/detail.php?id=158

京福電気鉄道では、嵐電沿線を中心に
京都洛西の社寺でお楽しみいただけるご朱印めぐりを実施しています。

オリジナルご朱印帳に3カ所のご朱印を授かり、
嵐電の有人駅にご持参いただくと、
旅行安全のご利益がある西院春日神社境内の
還来(もどろき)神社の「福美鈴」をプレゼント。
(オリジナルご朱印帳内に入っている「福美鈴引換券」が必要です)。

嵐電の公式サイト:http://randen.keifuku.co.jp/

京都洛西ご朱印めぐりのパンフレット(pdf):http://randen.keifuku.co.jp/test/system/ckfinder/userfiles/files/gosyuin.pdf

神社用・寺院用に朱印帳を分けるべきか

このパンフレットに気になる記載があります。

神様と仏様を区別することから、神社用・寺院用を分けている方が多いです。神社によっては、仏閣の納経印と一緒のご朱印帳には頂けない場合があります。

朱印帳を神社用と寺院様に分けている人が多いとは言い過ぎかと思います。

推察するに嵐電がこの企画をあげた際に、いずれかの神社で注意されたのではないかと思います。

パンフレットに記載されている神社は以下の13社です。

西院春日神社・元祇園梛神社・梅宮大社・車折神社・野宮神社・御髪神社・平野神社・北野天満宮・大将軍八神社・松尾大社・長岡天満宮・八坂神社

現在、御朱印帳を神社用と寺院様に分けている人は、主義・思想上の観点ではなく御朱印を断られるのを避けるために賢明なる対処をしている人がほとんどです。

もともとが神仏習合で神社と寺院が同じ敷地内にあったこともあり、多くの人のメンタリティーとしては意識して区別していない人が多いようです。

sponsored link